胃カメラ とよしま内視鏡クリニック 東京都世田谷区成城 専門医

内視鏡検査で「とよしま内視鏡クリニック」が多くの患者さまに選ばれる理由

  • point_01

    当院で取り組んでいる
    「院内感染防止対策」

  • point_01

     日時を指定できるようになりました
    「オンライン予約」 

  • point_01

     学会発表や論文
    「院外活動の紹介」

  • point_01

    腺腫発見率の高い
    「やさしい大腸内視鏡」

  • point_01

    苦痛の少ない
    「やさしい胃内視鏡」

  • point_01

    実績 40,000件の内視鏡検査
    10,000件の内視鏡手術

  • point_01

    専門性の高い医師陣
    豊富な連携病院

  • point_01

    最新の医療設備と
    徹底した衛生管理

  • point_01

    小田急線 成城学園前 駅より徒歩3分
    ご来院しやすい環境を備えています

私共は患者様に胃・大腸内視鏡を苦痛を少なく受けて頂くことを大切に「やさしい内視鏡」を目指しております。

  • 内視鏡検査・手術は全例、消化器専門の医師が担当いたします。
  • 「苦痛の少ない内視鏡」「日帰り外来手術」を希望する方も多く来院されています。
  • 腺腫発見率・胃がん発見率の高い検査を行っています。
  • 最新機器を使用し、全例確実に消毒を行なっております。
  • 感染管理の徹底を行い、安全で安心な医療機関としてご来院いただけるよう尽力しております

とよしま内視鏡クリニックでは消化器専門医が精密な胃・大腸内視鏡検査を行っており、胃・大腸内視鏡検査件数は年間10,000件、大腸内視鏡手術(大腸ポリープ切除)は年間2,400件と多くの患者様に受診して頂いております。

≪ご来院の前に必ずお読み下さい≫

7_bクリックsozai_cman_jp_20200217175701【-予約診療とお待ち時間】
内視鏡検査を検討されている方はご参考になさってください
ご希望の方にヘアキャップ、フェイスシールドを無償でお渡ししております。
お気軽にお声かけ下さいませ

コロナの疑問 感染対策 知って守る 新型コロナ Q&A】 

コロナの疑問など、コロナに関するお話をまとめてます。お時間のある方は是非ご覧ください

 2020年7月29日 更新

診療に関するお知らせ

【夏季休暇のお知らせ】

・8月13日(木)・8月14日(金)・15日(土) 診療を休診とさせていただきます


 

2018年10月より木曜日を休診とさせていただき、

月に1-2回『日曜診療』を行っております。

近日の診療予定日: 9月20日(日)

お仕事の都合等で、平日に内視鏡検査を受けられない患者様ご活用下さいませ。

ご不便おかけ致しますが、何卒ご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

受付:完全予約制  午前8時30分 ~ 午後3時00分

予約が埋まりやすい傾向があるため、ご希望の方はお早めにご連絡下さいませ。

新型コロナウイルス肺炎に関するお願い 5月25日更新

『新型コロナウイルス肺炎を疑う患者様の受診に関しまして』

当院では、感染力の極めて高い病原体に対する防御の設備は整っていないため、

7月29日時点、

新型コロナウイルス肺炎を疑う患者様

また、

風邪・発熱・下痢・嘔吐等の症状のある患者様

内視鏡検査及び外来診療をお受けしておりません。

院内感染防止対策のため、
何卒ご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス肺炎を疑う対象は、以下の3点です

(1)国外への渡航歴があり帰国後1ヵ月以内の方 (渡航歴のある人と接触した人も含む)

(2)37.5℃以上の発熱、解熱剤を飲んでいる人

(3)せき・息切れなどの呼吸器症状、お風邪の症状、せき止めを飲んでいる人、下痢・吐き気などの消化器症状のある人

 院内感染防止対策のため、事前のお電話やご来院の際、上記、(1)(2)(3)に関するご質問させて頂く場合がございます。

ご回答の内容により感染を防ぐために、院外へご案内をさせて頂く事もございます。どうかご容赦下さいませ。正確な診断をつけるため、身近な人に感染を拡げないためにも正直に申告して下さい。


上記(1)(2)(3)のいずれかに該当される方は

最寄りの保健所に、必ず電話でご連絡のうえ、指定された医療機関への受診をお願いいたします。

【連絡先情報】

・平日:世田谷区保健所感染症対策課  03-5432-2441 

   :厚生労働省電話相談窓口    03-3595-2285

・休日・夜間:東京都保険医療情報センター  03-5272-0303

 2020年5月25日

≪よくあるご質問≫-お支払い方法とご費用に関して- 

クレジットカードのご利用はできません。

一般診療、保険診療に関しましては、現金のみのご精算でお願い申し上げます。

<内視鏡検査ご費用の目安>

観察のみ~組織検査あり ⇒ 胃:¥3,500~18,000 ・大腸:¥5,500~20,000 

ポリープ手術の場合 ⇒ 胃:¥19,000~27,000 ・大腸:¥19,000~32,000

3割負担の場合の金額で、初再診料、事前検査分等の費用は含まれておりません。

大腸内視鏡検査

image_02なぜ大腸内視鏡検査を受けるのか?
それは… 大腸がんを発見するためです。
また、大腸ポリープを切除し、大腸がんを予防するのも大きな目的です。

当院の内視鏡検査では、ハイビジョン・NBI内視鏡システムと色素法を取り入れ、大腸がんやポリープの早期発見を可能にしています。
前がん病変である大腸ポリープの手術の患者様、無痛大腸内視鏡を希望する方も多く来院されています。

大腸内視鏡の詳しくはコチラから

動画:『大腸内視鏡検査までの流れ・お食事の注意事項』

苦痛の少ない麻酔法の検査、苦痛の少ない口からの内視鏡検査をハイビジョンカメラで行っております

image_01少量の麻酔薬(鎮静剤、睡眠薬)を注射し、胃カメラを受けて頂きます。患者様のご年齢、体重、安定剤の服用歴、前回検査時の麻酔投与量などから、麻酔方法を決定します。
ほとんどの患者様は眠っている間、もしくはボーっとしている間に検査を受けることができます。嘔吐反射の強い方、検査に対する不安の強い方にお勧め致します。
検査終了後は麻酔が覚めるまでベッドで休んで頂きます。

麻酔法で行う内視鏡の詳しくはコチラから

世田谷区 ≪胃がん内視鏡検診≫ ≪胃がんリスク(ABC)検査≫

≪胃がん内視鏡検診≫ ≪胃がんリスク(ABC)検査≫ 共に当院にて実施しております。

世田谷区より書類の届いた対象の方はお気軽にご相談下さい。

※両検査を同日、同期間にお受けいただくことはできません。

胃がんリスク(ABC)検査を先にお受けいただく事をお勧めしております。


 

≪世田谷区の胃がん検診の目的≫

胃がん検診は症状の見られない健常者を対象とし、胃がんで亡くなる方を一人でも多く減らす目的で行われます。内視鏡(胃カメラ)検査にて胃の中を観察し胃がんかどうかを調べる検査です。

『世田谷区 胃がん内視鏡検診をご希望の方へ』 https://www.ichou.com/reserve/flow.html

『胃がん検診と保険診療での内視鏡検査の違い』 胃がん検診と保険診療での内視鏡検査の違い

EPSON001


≪胃がんリスク(ABC)検査の目的≫

ピロリ菌感染の有無を調べる検査(ピロリ菌抗体検査)と、胃粘膜の萎縮の状態を調べる検査(ペプシノゲン検査)で、将来胃がんになりやすいかどうかを判定する採血検査です。

ABC_000001 ABC_000002

 

 

研究に関しまして

当院では診療・医療技術の向上を目指した医学研究のため、診療により得られた情報を学会発表、研究で使用致します。

その場合、患者様の氏名・住所等の個人情報が、それらに掲載されることはありませんのでご安心ください。個人情報に関しては匿名化を行い適正に管理しております。

ご同意いただけない場合でも、患者様の診療に何ら影響することはなく、診療上の不利益をこうむることはありません。遠慮なくスタッフにお伝え下さいませ。

院長