「全結腸色素内視鏡」は内視鏡検査の精度を上げる

「全結腸色素内視鏡」は内視鏡検査の精度を上げる

インジゴカルミンという色素を大腸全体にまく大腸内視鏡を、「全結腸色素内視鏡」といいます。インジゴカルミンを散布すること粘膜の凹凸をより明瞭化させます。

そのため、「全結腸色素内視鏡」は、僅かな凹凸しかない微小病変を発見することができます。2011 年に、大腸腺腫の発見率を向上させると、報告されました(文献1)。私どもも2018年に、色素内視鏡により40%以上の見逃しを予防することができることを報告しております(文献2)。

私どもの施設でも「色素内視鏡」を長年行っておりますが、「色素内視鏡」は特に平らな形の腺腫を確実に発見することができます。腺腫の中でも平らな形のものは、 がん化のリスクが高いと分かっていますので、「色素内視鏡」は大変有用な検査です。

インジゴカルミンは小さな容器で市販されています。そのため、なかなか、大腸全体にまくことができないのですが、私共の施設ではインジゴカルミンを自家製で作っていますので、大腸全体にまくことができるのです。

当院の医師は病気の発見率を高められるように、日々精度の高さにこだわって検査をしております。「色素内視鏡」もその一つです。定期的に医師会・勉強会・講演会を行い、意識・情報を共有化することで内視鏡の精度管理を徹底しております。

病気を早期発見できれば、患者さんが少しでも幸せになれると信じております。

大腸腺腫とは悪性化するとがんになるポリープの一種、前がん病変。

文献1. Gut. 2011 Apr;60(4):485-90. doi: 10.1136/gut.2010.229534. Pancolonic chromoendoscopy with indigo carmine versus standard colonoscopy for detection of neoplastic lesions: a randomised two-centre trial. Jürgen Pohl他

文献2. Gut. 2018 Sep;67(9):1742-1743. doi: 10.1136/gutjnl-2017-314999. New-generation chromoendoscopy may increase confidence in the DISCARD2 study. Osamu Toyoshima他

第103回日本消化器内視鏡学会総会

第103回日本消化器内視鏡学会総会、シンポジウム 
5月13日~5月15日 京都

西澤 俊宏先生(水曜日ご担当)、吉田 俊太郎 副院長(金・土曜日担当)、院長が講演してまいりました。

 

シンポジウム :新型コロナウイルス蔓延下における消化器内視鏡、5月13日、京都

吉田俊太郎、西澤俊宏、豊島治

『COVID-19蔓延下における便潜血免疫法による大腸内視鏡の優先付け』

                                                

ワークショップ: 内視鏡検査・周術期管理のピットフォールと標準化、5月13日、京都

西澤俊宏、吉田俊太郎、豊島治

『内視鏡検査後の在院遅延の危険因子』

                                                

シンポジウム:上部消化管の内視鏡診断の最近の知見、5月14日、京都

豊島 治、吉田俊太郎、西澤俊宏

『内視鏡的・胃噴門部鳥肌様所見の pylori 感染を含む臨床的特徴』

                                                

パネルディスカッション:大腸内視鏡スクリーニングにおける工夫と課題、5月15日、京都

吉田俊太郎、西澤俊宏、豊島治

『Feedback による腺腫および鋸歯状ポリープ発見率の向上』

                                                

ワークショップ:大腸腫瘍に対する内視鏡診断・治療の将来展望、 5月15日、京都

豊島治、吉田俊太郎、西澤俊宏

『Texture and color enhancement imaging(TXI)による大腸ポリープの視認性』

 

World Journal of Gastroenterology(インパクトファクター5.742)

World Journal of Gastroenterology に院長の論文がアクセプトされました。

公開となりましたらご報告いたします。


 

Title:『 Brown slits for colorectal adenoma crypts on conventional magnifying endoscopy with narrow band imaging using the X1 system』

Authors:  Osamu Toyoshima, Toshihiro Nishizawa, Shuntaro Yoshida, Hidenobu Watanabe, Nariaki Odawara, Kosuke Sakitani, Toru Arano, Hirotoshi Takiyama, Hideyuki Kobayashi, Hirofumi Kogure and Mitsuhiro Fujishiro

10.3748-logo

World Journal of Gastrointestinal Endoscopy

World Journal of Gastrointestinal Endoscopy という雑誌に豊島主著の論文

タイトル:

『Texture and color enhancement imaging in magnifying endoscopic evaluation of colorectal adenomas』

が出版されることが受理されました。

本論文は、大腸腺腫を観察する際の、オリンパス社の新しい内視鏡システムに搭載されたTXIという画像を強調するモードの有用性について調査しております。

後日、詳細を更新させて頂きます。

2月12日、出版されました。↓ご高覧下さいませ。

https://dx.doi.org/10.4253/wjge.v14.i2.96

 WJGE-14-96_000004

『診断力UP!アルゴリズムで読み解く 消化管内視鏡』南江堂

南江堂様からの出版、
『診断力UP!アルゴリズムで読み解く 消化管内視鏡』に共著として参加させて頂きました。

B 背景粘膜

著者:片岡 陽佑 豊島 治 和田 友則

1⃣萎縮性胃炎の進展度と胃癌発症リスク
2⃣HP未感染胃と感染胃の内視鏡所見
3⃣自己免疫性胃炎

9784524248995_1_2

Scandinavian Journal of Gastroenterology(インパクトファクター2.423)

Scandinavian Journal of Gastroenterologyに西澤俊宏先生主著、渡邊英伸先生、吉田俊太郎先生共著、豊島治院長責任著者の論文がアクセプトされました。

Title:『Decreased anti-parietal cell antibody titer in the advanced phase of autoimmune gastritis』
自己免疫性胃炎の初期、中期、終末期と進行するにつれて胃の壁細胞は著減・消失し、壁細胞抗体価は低下、消失することもあることを示しました。また、渡辺英伸先生が提唱されている胃小窩長/腺管長比上昇が自己免疫性胃炎の病理診断に有用であるこことも紹介させていただきました。

Sgas_44_1_cover.qxp:Sgas_44_1

『大腸内視鏡をどうして受けた方が良いか? 』

『大腸内視鏡をどうして受けた方が良いか? 』

2021年7月17日 とよしま内視鏡クリニック勉強会の院長テーマです。

https://youtu.be/h-mlrwOS55c

↑上記よりご覧いただけます。ぜひご覧ください。

定期的に医師会・勉強会・講演会を行っています。スタッフ(医師、看護師、医療事務員在籍)間で意識・情報を共有化することで医療の精度を高めています。2月に1回以上は勉強会を行い、スタッフひとりひとりの医療知識を深め、医院全体として常に最先端の治療を提供できるよう努めています。