第101回日本消化器内視鏡学会総会

World Journal of Gastrointestinal Endoscopy

先日アクセプト頂きました論文のご紹介です。

Title:『Real-world clinical data of endoscopy-based cancer detection during the emergency declaration for COVID-19 in Japan.』

Authors:

Yoshida, Toshihiro Nishizawa, Osamu Toyoshima. World Journal of Gastrointestinal Endoscopy. 2020 in press.


当院副院長、吉田 俊太郎先生の論文が

World Journal of Gastrointestinal Endoscopy にて掲載されました。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7579523/

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

logo-worldjgastendo

 

 

BMJ OPEN(インパクトファクター2.496)

先日アクセプト頂きました論文が出版されました。

Title:『Priority stratification for colonoscopy based on two-sample faecal immunochemical test screening: results from a cross-sectional study at an endoscopy clinic in Japan』

Authors:

Osamu Toyoshima ,Yutaka Yamaji , Toshihiro Nishizawa, Shuntaro Yoshida , Tomoharu Yamada, Ken Kurokawa, Miho Obata, Ryo Kondo, Masahito Toba, Kazuhiko Koike

BMJ OPEN(インパクトファクター2.496)

Full text PDF:

https://bmjopen.bmj.com/content/bmjopen/11/5/e046055.full.pdf

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

e046055.full_000001

Endoscopy International Open

Endoscopy International Open に当院の論文がアクセプトされました。

Title:『Simple feedback of colonoscopy performance improved the number of adenomas per colonoscopy and serrated polyp detection rate』

Authors:

Osamu Toyoshima, Shuntaro Yoshida, Toshihiro Nishizawa, Tadahiro Yamakawa, Toru Arano, Yoshihiro Isomura, Takamitsu Kanazawa, Hidehiko Ando, Yosuke Tsuji, Kazuhiko Koike.

Endoscopy International Open. 2021 in press.

公開となりましたらご報告いたします。

logo-endointlopen

 

World Journal of Gastrointestinal Endoscopy

先日アクセプト頂きました論文のご紹介です。

Title:『Comparison of endoscopic gastritis based on Kyoto classification between diffuse and intestinal gastric cancer.』

Authors:

Osamu Toyoshima*, Toshihiro Nishizawa, Shuntaro Yoshida, Tomonori Aoki, Fumiko Nagura, Kosuke Sakitani, Yosuke Tsuji, Hayato Nakagawa, Hidekazu Suzuki, Kazuhiko Koike. World J Gastroint Endosc

World Journal of Gastrointestinal Endoscopyより出版されました。

https://www.wjgnet.com/1948-5190/full/v13/i5/125.htm

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

logo-worldjgastendo

 

BMJ OPEN(インパクトファクター2.496)

当院論文

『Priority stratification for colonoscopy based on 2-sample faecal immunochemical test screening: results from a cross-sectional study at an endoscopy clinic in Japan』

が BMJ Openにアクセプトされました。

出版されましたら公開させていただきます。


 

Dear Dr. Toyoshima:

We are pleased to accept your article for publication in BMJ Open.

If your article is selected for press release by BMJ’s Press Office you will be informed as soon as possible.

If you have any queries, please contact the Editorial Office at info.bmjopen@bmj.com.

Kind regards,
Dr. Ana Lopez
https://bmjopen.bmj.com/

【研究に関しまして】

当院では診療・医療技術の向上を目指した医学研究のため、診療により得られた情報を学会発表、研究で使用致します。

その場合、患者様の氏名・住所等の個人情報が、それらに掲載されることはありませんのでご安心ください。個人情報に関しては匿名化を行い適正に管理しております。

ご同意いただけない場合でも、患者様の診療に何ら影響することはなく、診療上の不利益をこうむることはありません。遠慮なくスタッフにお伝え下さいませ。


 

当院の研究活動は、医療法人社団 服部クリニック、『服部クリニック倫理審査委員会』にて審査・承認を得て活動しております。

最終審査・承認日 2020年9月

院長

DSCPDC_0001_BURST20180616135612242_COVER  WJG-26-3998_000001

書籍の出版

南江堂様より院長の書籍、

『内視鏡スクリーニングPractice & Atlas』9784524249954

3月1日に出版されました。医療従事者向けの内視鏡マニュアルです。

4万件の検査実績をもとに診療上で役立つ知識を盛り込んでおります。

医療従事者向けの専門誌になりますがご興味のある方はぜひご覧ください。

https://www.nankodo.co.jp/g/g9784524249954/

南江堂:1879年に創業、現存する出版社としては5本の指に入る歴史の深さを誇る日本の一流の医学系出版社。刊行物には医学書の定番である『今日の治療薬』(第43版 2021/1/9時点)をはじめ、医学、看護、薬学、栄養、リハビリテーション、生物学・化学など多岐にわたります