先日のJGHが出版されました

先日のJGHが出版されました

『 “Colonoscopy using back brace support belt: A randomized, prospective trial”』

 (『腰部固定ベルトを使用した大腸内視鏡(無作為前向き試験)』)

JGH(Journal of Gastroenterology and Hepatology Foundation) Openより出版されました。ご高覧下さいませ。

要旨

Colonoscopy using back brace support belt: Arandomized,prospective trial

腰部固定別よを使用した大腸内視鏡(無作為前向き試験)

 

背景と目的:大腸内視鏡検査において大腸が弛緩しループを形成することは大きな問題であり、検査時間が長くなる。盲腸の挿入時間やその他のアウトカムに関して、外部から腹部を圧迫するデバイス(腰部固定ベルト; Maxbelt)の有効性と安全性を評価した。

方法:とよしま内視鏡クリニックで選択的に大腸内視鏡検査を受けた外来患者に関する前向き研究を実施した。被験者はランダムにグループに割り当てられ、大腸内視鏡検査中にMaxbeltあり(n = 39)またはMaxbeltなし(コントロール、n = 38)に分けた。大腸内視鏡医はどちらかであるか知らされていなかった。観察された主な結果は挿入時間であった。

結果:Maxbeltありグループの挿管時間は、Maxbeltなしグループの挿管時間よりも短かったが、差は有意ではなかった(3.29分対4.49分、P値 = 0.069)。年齢別に層別化すると、45歳以上の者において、Maxbeltを使用すると、Maxbeltなしグループ(3.27分対5.00分、P値 = 0.032)と比較して、有意に盲腸挿入時間が減少した。 Maxbeltを使用すると、大腸内視鏡医が評価する挿入の困難性が有意に減少した(P値 = 0.01)。腺腫発見率、用手腹部圧迫、体位変換、有害事象に差はなかった。

 

結論:45歳以上の患者に対する大腸内視鏡検査では、腰部固定ベルトの使用が有効である可能性がある。 (大学病院医療情報ネットワーク:UMIN000029361)。

CS belt RCT0001CS belt RCT0002CS belt RCT0003CS belt RCT0004CS belt RCT0005

JGH(Journal of Gastroenterology and Hepatology Foundation) Open

当院論文、

『 “Colonoscopy using back brace support belt: A randomized, prospective trial”』が

JGH(Journal of Gastroenterology and Hepatology Foundation) Openにアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima:

It is a pleasure to accept your manuscript entitled “Colonoscopy using back brace support belt: A randomized, prospective trial” in its current form for publication in JGH Open.

 

jgh3.v3.5.cover

World Journal of Gastroenterology -impact factor: 3.411-

https://www.wjgnet.com/1007-9327/EBoardMembers?pageNumber=13

WJG(World Journal of Gastroenterology)の編集委員となりました。

2019年9月26日

EDITORIAL BOARD CERTIFICATE

Dear Dr. Toyoshima,

First of all, I would like to congratulate you on becoming a member of the new Editorial Board for the World Journal of Gastroenterology. I particularly hope that under your guidance the World Journal of Gastroenterology will experience stable growth over the next four years.

Number ID: 03767650

Publication Name: World Journal of Gastroenterology

Personal Information: Osamu Toyoshima, MD, Director, Professor, Gastroenterology, Toyoshima Endoscopy Clinic, Tokyo 1570066, Japan

Position: Editorial Board

Submission Date: 2019-09-21

Start Date – End Date: 2019-01-01 – 2021-12-31

wjg

Lian-Sheng Ma, Founder and Chief Executive Officer

Baishideng Publishing Group Inc

7901 Stoneridge Drive, Suite 501, Pleasanton, CA 94588, USA

 

World Journal of Gastroenterology 修正

 

英国消火器病学会の『胃がんガイドライン』

British Society of Gastroenterology(英国消火器病学会) が刊行する『胃がんガイドライン』に参考文献として引用されました。

Your work has been cited

Congratulations – Your article has been cited.

Your article:

Endoscopic gastric atrophy is strongly associated with gastric cancer development after Helicobacter pylori eradication

Cited by:
Banks, Matthew et al.:
British Society of Gastroenterology guidelines on the diagnosis and management of patients at risk of gastric adenocarcinoma
Gut. Volume: 68. Issue: 9. 2019
Thank you again for publishing with us. We look forward to working with you in the future.
Kind regards,

『Springer Nature』

unnamedスクリーンショット 修正

Endoscopy International Open

2019年7月にEndoscopy International Openから出版されました当院からの論文をご紹介します。

CF290 for pancolonic chromoendoscopy improved sessile serrated polyp detection and procedure time: a propensity score-matching study.

下記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

URL: http: //www.wjgnet.com/ 1007-9327 / full / v24 / i35 / 4061。HTM 

Title: CF290 for pancolonic chromoendoscopy improved sessile serrated polyp detection and procedure time: a propensity score-matching study.(CF290シリーズは全結腸色素内視鏡においてSSP発見と手技時間を改善した:傾向スコアマッチング研究

Authors: Osamu Toyoshima, Shuntaro Yoshida, Toshihiro Nishizawa, Tadahiro Yamakawa, Kosuke Sakitani, Keisuke Hata, Yoshiyuki Takahashi, Mitsuhiro Fujishiro, Hidenobu Watanabe, Kazuhiko Koike

Publication Date: 2019 Jul 24.

cover_big 290vs260 (1)-page1 290vs260 (1)-page2290vs260 (1)-page3290vs260 (1)-page4290vs260 (1)-page5290vs260 (1)-page6290vs260 (1)-page7