World Journal of Gastroenterology – Baishideng Publishing Group

World Journal of Gastroenterology – Baishideng Publishing Group

消化器病国際学術誌、

WJG(World Journal of Gastroenterology)のカバーパーソンに選ばれました。

World Journal of Gastroenterology impact factor: 3.665

『World Journal of Gastroenterology ホームページ』

https://megalodon.jp/2020-0801-1840-57/https://www.wjgnet.com:443/1007-9327/

『World Journal of Gastroenterology Weekly Volume 26 Number 28 July 28, 2020』

https://f6publishing.blob.core.windows.net/96737d1a-25a3-4033-8c72-442c6d3dadc7/WJG-26-3998.pdf

 

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

全体図_000001-2 WJG-26-3998_000001 WJG-26-3998_000004

先日の論文が『Endoscopy International Open』より出版されました②

先日アクセプト頂きました論文の2本目のご紹介です。

『Expert endoscopists with high adenoma detection rates frequently detect diminutive adenomas in proximal colon』

高い水準の内視鏡医は低い水準の内視鏡に比較して、近位結腸(盲腸・上行結腸・横行結腸)の5mm以下の平坦な腺腫をより多く発見していることを報告しました。

Endoscopy International Openより出版されました。

Full text PDF:

http://www.thieme-connect.com/products/ejournals/pdf/10.1055/a-1136-9971.pdf

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

yjimage a-1136-9971_000001 a-1136-9971_000002 a-1136-9971_000003a-1136-9971_000004 a-1136-9971_000005 a-1136-9971_000006 a-1136-9971_000007a-1136-9971_000008

先日の論文が『Endoscopy International Open』より出版されました

先日アクセプト頂きました2本の論文のうち、1本目をご紹介します。

2本目も近日中に公開させていただきます。

『Nodularity-like appearance in the cardia: novel endoscopic findings for Helicobacter pylori infection』

胃カメラの際に、胃の入り口に鳥肌様のサインが認められることがあります。我々はこれを「噴門部鳥肌」と名付け、胃内のピロリ菌感染を推測する所見であることを報告しました。

Endoscopy International Openより出版されました。

Full text PDF:

http://www.thieme-connect.com/products/ejournals/pdf/10.1055/a-1136-9890.pdf

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

yjimage  a-1136-9890_000001 a-1136-9890_000002 a-1136-9890_000003 a-1136-9890_000004 a-1136-9890_000005

 

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(インパクトファクター2.190)

2017年2月にJournal of Clinical Biochemistry and Nutrition(インパクトファクター2.190)から出版されました当院からの論文をご紹介します。

Title:Effects of patient age and choice of antisecretory agent on success of eradication therapy for Helicobacter pylori infection

    (年齢と分泌抑制剤がピロリ菌除菌に及ぼす影響

Authors: Nishizawa T, Suzuki H, Fujimoto A, Kinoshita H, Yoshida S, Isomura Y, Toyoshima A, Kanai T, Yahagi N, Toyoshima O

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition  DOI: 10.3164/jcbn.16-86

要旨

患者年齢がピロリ菌除菌療法の効果に及ぼす影響は不明である。本研究は年齢がボノプラザン(新しいカリウムイオン競合型アシッドブロッカーpotassium-competitive acid blocker: PCAB)を含む除菌療法に及ぼす影響を調査することを目的とした。我々はとよしま内視鏡クリニックでピロリ菌の一次・二次除菌を受けた3261人を見直した。一次除菌はクラリスロマイシンとアモキシシリンとプロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitor: PPI)あるいはPCABとの組み合わせだった。二次除菌はメトロニダゾールとアモキシシリンとPPIあるいはPCABとの組み合わせだった。患者を若年+中年(50歳以下)と高齢(50歳より年配)に分け、また、PPI群とPCAB群に分けた。PPI+クラリスロマイシン+アモキシシリンレジメンはPCAB+クラリスロマイシン+アモキシシリンレジメンより有意に低いピロリ菌の除菌率を示した(67% vs. 89%, per protocol, P<0.001)。PPI+クラリスロマイシン+アモキシシリンレジメンでの除菌率は若年+中年が高齢より低かった(63% vs. 70%, per protocol, P<0.01)。一方、年齢はPCABを使用した治療とメトロニダゾールを使用した治療の除菌率に影響を及ぼさなかった。結論として、クラリスロマイシンを使用する3剤療法において、特に若年+中年者では、PCABがPPIに比較してより良い分泌抑制剤の選択肢である。

60_16-86_00000160_16-86_00000260_16-86_000003

Endoscopy International Open

論文『Expert endoscopists with high adenoma detection rates frequently detect diminutive adenomas in proximal colon』が Endoscopy International Openにアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima

It is our pleasure to accept your manuscript entitled “Expert endoscopists with high adenoma detection rates frequently detect diminutive adenomas in proximal colon” in its current form for publication in Endoscopy International Open.

Your manuscript will be forwarded to Georg Thieme Publishers  and will be prepared for publication. You will be contacted in the near future with further details.

Endoscopy International Open 02-Mar-2020

 

Endoscopy International Open

論文『Nodularity-like appearance in the cardia: novel endoscopic findings for Helicobacter pylori infection』
が Endoscopy International Openにアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima

It is our pleasure to accept your manuscript entitled “Nodularity-like appearance in the cardia: novel endoscopic findings for Helicobacter pylori infection” in its current form for publication in Endoscopy International Open.

Your manuscript will be forwarded to Georg Thieme Publishers  and will be prepared for publication. You will be contacted in the near future with further details.

Endoscopy International Open 12-Feb-2020

先日のWJG(World Journal of Gastroenterology)が出版されました

院長豊島の内視鏡胃炎分類に関する総説

『Endoscopic Kyoto classification of Helicobacter pylori infection and gastric cancer risk diagnosis』が出版されました。

 

Journal Name: World Journal of Gastroenterology
Volume: 26
Issue: 5
Page Number: 466-477
Publish Date: 2020-02-07
Citation: Toyoshima O, Nishizawa T, Koike K. Endoscopic Kyoto classification of Helicobacter pylori infection and gastric cancer risk diagnosis. World J Gastroenterol 2020; 26(5): 466-477
Url: https://www.wjgnet.com/1007-9327/full/v26/i5/466.htm
DOI: https://dx.doi.org/10.3748/wjg.v26.i5.466

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

2020年2月7日

WJG-26-466_000004WJG-26-466_000005WJG-26-466_000006WJG-26-466_000007WJG-26-466_000008WJG-26-466_000009WJG-26-466_000010WJG-26-466_000011WJG-26-466_000012WJG-26-466_000013WJG-26-466_000014WJG-26-466_000015

World Journal of Gastroenterology(インパクトファクター3.579)

論文「Endoscopic Kyoto classification of Helicobacter pylori infection and gastric cancer risk diagnosis」
が World Journal of Gastroenterology(インパクトファクター3.579)にアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima,

We are pleased to inform you that your paper has successfully passed our very rigorous review process and has been accepted for publication in the World Journal of Gastroenterology.

近日公開となりますので、追ってご報告いたします。

10.3748-logo

yjimage