Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(インパクトファクター2.190)

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition(インパクトファクター2.190)

2017年2月にJournal of Clinical Biochemistry and Nutrition(インパクトファクター2.190)から出版されました当院からの論文をご紹介します。

Title:Effects of patient age and choice of antisecretory agent on success of eradication therapy for Helicobacter pylori infection

    (年齢と分泌抑制剤がピロリ菌除菌に及ぼす影響

Authors: Nishizawa T, Suzuki H, Fujimoto A, Kinoshita H, Yoshida S, Isomura Y, Toyoshima A, Kanai T, Yahagi N, Toyoshima O

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition  DOI: 10.3164/jcbn.16-86

要旨

患者年齢がピロリ菌除菌療法の効果に及ぼす影響は不明である。本研究は年齢がボノプラザン(新しいカリウムイオン競合型アシッドブロッカーpotassium-competitive acid blocker: PCAB)を含む除菌療法に及ぼす影響を調査することを目的とした。我々はとよしま内視鏡クリニックでピロリ菌の一次・二次除菌を受けた3261人を見直した。一次除菌はクラリスロマイシンとアモキシシリンとプロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitor: PPI)あるいはPCABとの組み合わせだった。二次除菌はメトロニダゾールとアモキシシリンとPPIあるいはPCABとの組み合わせだった。患者を若年+中年(50歳以下)と高齢(50歳より年配)に分け、また、PPI群とPCAB群に分けた。PPI+クラリスロマイシン+アモキシシリンレジメンはPCAB+クラリスロマイシン+アモキシシリンレジメンより有意に低いピロリ菌の除菌率を示した(67% vs. 89%, per protocol, P<0.001)。PPI+クラリスロマイシン+アモキシシリンレジメンでの除菌率は若年+中年が高齢より低かった(63% vs. 70%, per protocol, P<0.01)。一方、年齢はPCABを使用した治療とメトロニダゾールを使用した治療の除菌率に影響を及ぼさなかった。結論として、クラリスロマイシンを使用する3剤療法において、特に若年+中年者では、PCABがPPIに比較してより良い分泌抑制剤の選択肢である。

60_16-86_00000160_16-86_00000260_16-86_000003

Endoscopy International Open

論文『Expert endoscopists with high adenoma detection rates frequently detect diminutive adenomas in proximal colon』が Endoscopy International Openにアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima

It is our pleasure to accept your manuscript entitled “Expert endoscopists with high adenoma detection rates frequently detect diminutive adenomas in proximal colon” in its current form for publication in Endoscopy International Open.

Your manuscript will be forwarded to Georg Thieme Publishers  and will be prepared for publication. You will be contacted in the near future with further details.

Endoscopy International Open 02-Mar-2020

 

Endoscopy International Open

論文『Nodularity-like appearance in the cardia: novel endoscopic findings for Helicobacter pylori infection』
が Endoscopy International Openにアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima

It is our pleasure to accept your manuscript entitled “Nodularity-like appearance in the cardia: novel endoscopic findings for Helicobacter pylori infection” in its current form for publication in Endoscopy International Open.

Your manuscript will be forwarded to Georg Thieme Publishers  and will be prepared for publication. You will be contacted in the near future with further details.

Endoscopy International Open 12-Feb-2020

先日のWJG(World Journal of Gastroenterology)が出版されました

院長豊島の内視鏡胃炎分類に関する総説

『Endoscopic Kyoto classification of Helicobacter pylori infection and gastric cancer risk diagnosis』が出版されました。

 

Journal Name: World Journal of Gastroenterology
Volume: 26
Issue: 5
Page Number: 466-477
Publish Date: 2020-02-07
Citation: Toyoshima O, Nishizawa T, Koike K. Endoscopic Kyoto classification of Helicobacter pylori infection and gastric cancer risk diagnosis. World J Gastroenterol 2020; 26(5): 466-477
Url: https://www.wjgnet.com/1007-9327/full/v26/i5/466.htm
DOI: https://dx.doi.org/10.3748/wjg.v26.i5.466

上記URLをクリックいただけるとご覧いただけます。ご高覧いただけると幸いです。

2020年2月7日

WJG-26-466_000004WJG-26-466_000005WJG-26-466_000006WJG-26-466_000007WJG-26-466_000008WJG-26-466_000009WJG-26-466_000010WJG-26-466_000011WJG-26-466_000012WJG-26-466_000013WJG-26-466_000014WJG-26-466_000015

World Journal of Gastroenterology(インパクトファクター3.579)

論文「Endoscopic Kyoto classification of Helicobacter pylori infection and gastric cancer risk diagnosis」
が World Journal of Gastroenterology(インパクトファクター3.579)にアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima,

We are pleased to inform you that your paper has successfully passed our very rigorous review process and has been accepted for publication in the World Journal of Gastroenterology.

近日公開となりますので、追ってご報告いたします。

10.3748-logo

yjimage

 

【年末年始のご案内】

当院は本日12月30日を持ちまして診察を終了しました。

本年も大変お世話になりました。心より感謝申し上げます。
健やかなる新年をお迎えになられますよう心よりお祈り申し上げ、年末のご挨拶とさせていただきます。

2019年12月31日(火)~2020年1月3日(金)・6日(月)
の期間を年末年始のため休診とさせていただきます。ご不便おかけ致しますがご了承下さいませ。

※12月31日(火)・1月3日(金)・1月6日(月)はお電話でのみの対応を致しております。
診察・内視鏡検査の予約のみの対応となります。『お電話によるご診察』『お薬のご処方』は医師不在のため対応致しかねますのでご了承下さい。

Journal of Clinical Medicine(インパクト・ファクター5.583)

当院非常勤医・国際医療福祉大学教授・西澤俊宏先生主著、東海大学教授・鈴木秀和先生、当院院長・豊島治先生共著の論文がJournal of Clinical Medicine(インパクト・ファクター5.583)に出版されました。大腸内視鏡の際にベルトを装着すると挿入がスムースになり、体位変換や腹部圧迫を減らすことができるという内容のメタ解析です。

Effects of Encircled Abdominal Compression Device in Colonoscopy: A Meta-Analysis

Toshihiro Nishizawa, Hidekazu Suzuki, Hajime Higuchi, Hirotoshi Ebinuma and Osamu Toyoshima

Dear Authors,

We are pleased to inform you that your article “Effects of Encircled Abdominal Compression Device in Colonoscopy: A Meta-Analysis” has been published in JCM as part of the Special Issue Advanced Therapeutic Endoscopy and is available online:

Abstract: https://www.mdpi.com/2077-0383/9/1/11
PDF Version: https://www.mdpi.com/2077-0383/9/1/11/pdf
The meta data of your article, the manuscript files and a publication certificate are available here (only available to corresponding authors after login):
https://susy.mdpi.com/user/manuscripts/review_info/9174715f04c7fd594715e1ef9d411ed5

先日のJGHが出版されました

『 “Colonoscopy using back brace support belt: A randomized, prospective trial”』

 (『腰部固定ベルトを使用した大腸内視鏡(無作為前向き試験)』)

JGH(Journal of Gastroenterology and Hepatology Foundation) Openより出版されました。ご高覧下さいませ。

要旨

Colonoscopy using back brace support belt: Arandomized,prospective trial

腰部固定別よを使用した大腸内視鏡(無作為前向き試験)

 

背景と目的:大腸内視鏡検査において大腸が弛緩しループを形成することは大きな問題であり、検査時間が長くなる。盲腸の挿入時間やその他のアウトカムに関して、外部から腹部を圧迫するデバイス(腰部固定ベルト; Maxbelt)の有効性と安全性を評価した。

方法:とよしま内視鏡クリニックで選択的に大腸内視鏡検査を受けた外来患者に関する前向き研究を実施した。被験者はランダムにグループに割り当てられ、大腸内視鏡検査中にMaxbeltあり(n = 39)またはMaxbeltなし(コントロール、n = 38)に分けた。大腸内視鏡医はどちらかであるか知らされていなかった。観察された主な結果は挿入時間であった。

結果:Maxbeltありグループの挿管時間は、Maxbeltなしグループの挿管時間よりも短かったが、差は有意ではなかった(3.29分対4.49分、P値 = 0.069)。年齢別に層別化すると、45歳以上の者において、Maxbeltを使用すると、Maxbeltなしグループ(3.27分対5.00分、P値 = 0.032)と比較して、有意に盲腸挿入時間が減少した。 Maxbeltを使用すると、大腸内視鏡医が評価する挿入の困難性が有意に減少した(P値 = 0.01)。腺腫発見率、用手腹部圧迫、体位変換、有害事象に差はなかった。

 

結論:45歳以上の患者に対する大腸内視鏡検査では、腰部固定ベルトの使用が有効である可能性がある。 (大学病院医療情報ネットワーク:UMIN000029361)。

CS belt RCT0001CS belt RCT0002CS belt RCT0003CS belt RCT0004CS belt RCT0005

JGH(Journal of Gastroenterology and Hepatology Foundation) Open

当院論文、

『 “Colonoscopy using back brace support belt: A randomized, prospective trial”』が

JGH(Journal of Gastroenterology and Hepatology Foundation) Openにアクセプトされました。

Dear Dr. Toyoshima:

It is a pleasure to accept your manuscript entitled “Colonoscopy using back brace support belt: A randomized, prospective trial” in its current form for publication in JGH Open.

 

jgh3.v3.5.cover