大腸がんリスク点数化

大腸がんリスク点数化

がん研究センターの大腸がんリスク点数化について

国立がん研究センターのチームが2010年12月に発表した。
年齢、肥満、身体活動、喫煙、飲酒の指標を用い、中高年の男性が10年間に大腸がんを発症する確率を以下の表のように点数化した。

年齢(歳) 点数
40~44 0
45~49 1
50~54 3
55~59 4
60~64 5
65~69 6

体格指数(BMI) 点数
25未満 0
25以上 1
※体格指数(BMI)は{体重(kg)}÷{身長(m)} 2:BMI25以上はやや肥満でメタボリックシンドロームの基準の一つ

身体活動 点数
ほとんど動かない 0
一般的な生活 -1

喫煙習慣 点数
なし、過去にあり 0
あり 1

飲酒習慣 点数
なし、ときどき(月に1~3回) 0
週1回以上、アルコール量が週300g未満 1
週1回以上、アルコール量が週300g以上 2
※アルコール量の目安:ビール大瓶2本、または日本酒2合を毎日飲むと1週間で約320gになる

合計点数 発症確率(%)
-1 0.2
0 0.3
1 0.5
2 0.7
3 0.9
4 1.3
5 1.8
6 2.4
7 3.3
8 4.6
9 5.9
10 7.4

【考察】
65歳以上で点数が6点と、大腸がんの発症リスク点数は年齢による因子が高いといえるだろう。49歳から50歳に年齢が上がることで、リスク点数が2ポイントアップする点も年齢のリスクに寄与する程度が大きいことが推測される。40歳前後で、前がん病変である腺腫性大腸ポリープが出現し、10年から20年経ってがん化して大腸がんになるというモデルが多いということも裏付けられる。大腸内視鏡で腺腫を切除することにより、大腸がんは高率に予防することができると考えられるため、40歳になれば、全員大腸内視鏡検査を受けると良いだろう。
肥満、運動不足、喫煙、飲酒習慣が大腸がんのリスクファクターの一つであるといえる。リスクを少しでも減らすためには生活習慣の見直しが有効と判断できる。
Lancetにアスピリンが大腸がんの予防に有効とのデータが報告されたので、別頁で述べてみたい。