大腸がんと大腸内視鏡検査

大腸がんと大腸内視鏡検査

大腸がん、特に早期がんを発見する上で、大腸内視鏡検査は最も信頼性が高い検査法である。
大腸がんの検査法には内視鏡検査以外に便潜血検査と注腸検査(バリウム・レントゲン検査)、CT Colonography、カプセル内視鏡があるが、早期がんの発見においては内視鏡が最も優れた検査である。また、大腸がんは内視鏡で直接病変を観察し、組織を一部採取し、その組織を顕微鏡で確定診断する。大腸がんの診断の上で必要な検査である。

大腸内視鏡における見逃しの少ない観察法
色素内視鏡法が挙げられる。インジゴカルミンという青色色素を少量ずつ粘膜に撒きながら観察する方法。微細な凹凸を鮮明にすることで微小な病変も発見を可能にする。しかし、残念ながら、大腸内視鏡でさえ、肝彎曲部やS状結腸はがんの見落としがあると言われている。対策としては、特にその部位は2回以上ファイバーを往復し入念に観察すること、便潜血検査は毎年行うことが有用と考える。

多くの大腸がんは大腸ポリープから発生する
大腸内視鏡で大腸腺腫を切除することで、大腸がんを9割減らすことができるというデータがある。がん化のポテンシャルを持つ腺腫は可能な限り切除するべきである。とよしまクリニックでは「切除すべきポリープは切除する。切除する必要のないポリープは切除しない。」という方針で大腸ポリープ切除を行っている。

大腸がんは早期であれば内視鏡で治療できる
大腸がんは早期であれば、まず、命に別条ない。また、内視鏡により完治が可能なものも多く、治療の選択肢の幅が広い。

40歳になったら大腸内視鏡を受ける
大腸がんの発生は40代から急増し60代でピークを迎える。スクリーニング大腸内視鏡における、大腸腫瘍(腺腫とがん)の発見率は40歳代で43%、50歳代で58%、60歳代で68%(*)である。40歳になったら大腸内視鏡検査を受けましょう。
(*)2011年とよしまクリニック集計