大腸内視鏡検査の意義

内視鏡検査にて大腸ポリープ(腺腫)を発見し、切除することで、大腸がんを予防することができます。

大腸がんのほとんどは「腺がん」と呼ばれるタイプのがんです。大腸の場合、「腺がん」は「腺腫」と呼ばれる良性のポリープががん化して形成されます。
よって、大腸ポリープ (腺腫)をがん化する前に(良性の段階で)手術して取り除くことにより大腸がんを予防することができます。
とよしま内視鏡クリニックでは、大腸内視鏡検査の際、大腸ポリープが発見されることが多く(特に40歳以上の方は半数以上)、その場で、日帰り内視鏡手術を行ないます。

当院の大腸内視鏡検査の特徴

1.日本消化器内視鏡学会の【認定・指導施設】です

dai_01内視鏡専門医・指導医の在籍数、年間内視鏡検査件数、年間内視鏡手術件数が豊富なため、とよしま内視鏡クリニックは2008年に日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されました。
内視鏡指導施設はほとんどが大病院であり、クリニックで認定を受けていることは非常に貴重なことです。

当院が認定指導施設であることのメリット
① 消化器専門の医師が全ての検査・手術を担当しております。大病院のように、未熟な医師が検査を担当するようなことはありません。
② 一人の医師が全ての検査を担当するわけではありません。医師がよく相談して治療方針を決定しております。独善的な医療ではありません。

2.【苦痛のない内視鏡検査※】を行なっております                                                                                                                                                                  

dai_05個人差はありますが、大腸内視鏡検査は苦痛を伴う検査です。
より苦痛を少なく検査を受けて頂くために、当院では点滴より薬を注射しております。意識のない状態、または、それに近い状態で検査を受けることが可能です。
この際、安全性の高い、作用時間の短い薬を選択しております。

※監修 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡ガイドライン

麻酔の効果には個人差があります。麻酔下に内視鏡を行っても、まれに苦しいことがあります。 検査中は患者様の安全を確保するために、身体を抑えることがあります。

3.日帰り内視鏡手術を多数行なっております

dai_07当院で行っている主な手術
早期大腸癌切除手術、大腸ポリープ切除手術、大腸粘膜切除手術

入院が必要と判断した場合には病院を紹介しております。

4.徹底した衛生管理cds01

内視鏡検査一件ごとに手洗いと内視鏡洗浄機にて確実に消毒・洗浄をしております。

5.丁寧な説明を心がけております

dai_03検査後に画像を見ながら説明致します。分からないことがあれば、気軽にご相談下さい。
検査中の画像を録画しDVD(保険外サービス)で提供しております。

6.胃カメラも同日に行えます

dai_02胃カメラ(経鼻内視鏡)やエコー検査(腹部、頚動脈、心臓、乳腺)、人間ドック、健康診断も同日に行っております。
ピロリ菌の検査・除菌(二次除菌・三次除菌も)を行っております。

7.オリンパス製内視鏡機器を使用しております

dai_006ハイビジョンNBI内視鏡システムを使用しております。オリンパス製EVIS LUCERA ELITE システム
EVIS LUCERA ELITE 大腸ビデオスコープ OLYMPUS CF-HQ290
オリンパス製大腸内視鏡ファイバーEVIS大腸ビデオスコープCF TYPE H260AI
エルベ製ICC200オートカットモード付高周波手術装置
アラーム付きサチュレーションモニター

8.通常の胃腸科・内科診療も行なっております

dai_04内視鏡診療だけでなく、通常の外来診療も行なっております。
腹部症状を中心とする胃腸科診療のほか、高血圧、高脂血症などの定期的な内科診療を行っております。

保存

内視鏡予約専用ダイヤル

0120-911-278

※同日での胃と大腸の内視鏡検査をご希望通りにご予約いただけない場合がございます。