大腸内視鏡の検査で大腸がんの早期対処を

なぜ大腸内視鏡検査を受けるのか?

大腸内視鏡を受ける目的は、大腸がんを発見することです。次に大切なのは、大腸ポリープ ※1 を切除し大腸がんを予防すること、大腸がん以外の病気を調べることです。
とよしま内視鏡クリニックでは、ハイビジョン・NBI内視鏡システムと色素法を取り入れ、大腸がんやポリープの早期発見を可能にしています。
大腸ポリープの手術 ※2 の患者様、無痛大腸内視鏡を希望する多くの方が来院されています。

※1 大腸ポリープには前がん病変である腺腫といわれるポリープが多く、切除することによりがんを予防することが可能です。
※2 大腸内視鏡検査の際、大腸ポリープが発見されることが多く(当院の場合、40歳以上の方は半数以上です)、その場で、日帰り内視鏡手術を行なうことができます。

とよしま内視鏡クリニックの大腸内視鏡検査の7つの特徴

私共は患者様に大腸内視鏡を安心して受けて頂くことを大切に考えております。 胃・大腸内視鏡検査件数は年間7,000件、大腸内視鏡手術(大腸ポリープ切除)は年間1,500件と多くの患者様に受診して頂いております。
  • ベテランの医師が
    検査から手術まで担当
  • 苦痛の少ない
    内視鏡検査
  • 徹底した
    衛生管理
  • オリンパス製
    内視鏡機器を完備
  • 日帰り
    内視鏡手術
  • 様々な検査と同日に
    胃カメラ検査も可能
  • 通常の胃腸科
    内科検診もございます

1. 内視鏡検査・手術は全例、ベテランの医師が担当いたします

dai_01大腸内視鏡検査は医師の技量により精度に大きな差が出ます。とよしま内視鏡クリニックでは、院長を始め、ベテランの医師が全ての検査・手術を担当致します。精度の高いやさしい内視鏡検査*3をお約束致します。
2008年に日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されました。

*3 当院の大腸腺腫の発見率は全大腸内視鏡検査の40%以上と非常に高率です。腺腫の発見率が高い医師ほど、大腸がんの見逃しが少ないということが証明されています。

 

2.【苦痛の少ない内視鏡検査】を希望する患者様も多く来院されています

dai_05個人差はありますが、大腸内視鏡検査は苦痛を伴う検査です。
苦痛の少ない検査を受けて頂くために、点滴より麻酔薬を注射するなど、工夫をしております。

また、安全を最優先として、患者様に合った、麻酔法・検査法を選択しております。

苦痛の少ない内視鏡について

3.徹底した衛生管理

cds01ガイドラインを準拠し、内視鏡検査一件ごとに手洗いと内視鏡洗浄機にて確実に消毒・洗浄をしております。

 

4.オリンパス製内視鏡機器を使用しております

dai_006ハイビジョンNBI内視鏡システムを使用しております。オリンパス製EVIS LUCERA ELITE システム 
EVIS LUCERA ELITE 大腸ビデオスコープ OLYMPUS CF-HQ290
オリンパス製大腸内視鏡ファイバーEVIS大腸ビデオスコープCF TYPE H260AI
エルベ製ICC200オートカットモード付高周波手術装置
アラーム付きサチュレーションモニター

5.日帰り内視鏡手術をうけて頂くことができます

dai_07当院で行っている主な手術
大腸ポリープ切除手術、大腸粘膜切除手術、早期大腸癌切除手術

入院が必要と判断した場合には病院を紹介しております。

 

大腸内視鏡手術について

6.胃カメラも同じ日に受けて頂くことができます

dai_02胃カメラ(経鼻内視鏡)やエコー検査(腹部、頚動脈、心臓、乳腺)、人間ドック、健康診断も同日に行っております。検査の必要性がある場合は保険適用となります。
ピロリ菌の検査・除菌(二次除菌・三次除菌も)を行っております。

7.通常の胃腸科・内科診療も行なっております

内視鏡だけでなく、通常の外来診療も行なっております。
腹部症状を中心とする胃腸科診療のほか、高血圧、高脂血症などの定期的な内科診療を行っております。

内視鏡予約専用ダイヤル

0120-911-278

※同日での胃と大腸の内視鏡検査をご希望通りにご予約いただけない場合がございます。