カプセル内視鏡

カプセル内視鏡

とよしまクリニックではカプセル内視鏡が必要な方に東大附属病院消化器内科への紹介を開始致しました。

カプセル内視鏡とは

カプセル内視鏡は長さ26mm、直径11mmの飲み込む内視鏡である。
超小型カメラを内蔵し、消化管の内側を1秒間に2枚撮影し、体外に取り付けた受診装置に画像を送信する。
通常の胃カメラ、大腸内視鏡で、観察ができない小腸を中心に観察する内視鏡である

費用
保険適応で自己負担は約3万円
保険適応は原因不明の消化管出血(事前に胃カメラ、大腸内視鏡検査を要する)

適応と禁忌
適応:貧血
禁忌:消化管閉塞、狭窄、ペースメーカー、嚥下障害、妊娠

検査手順
8時間前からの絶食
ユニットの取り付け
カプセル内視鏡を水で飲む。
その後普段通りの生活が可能。
4時間は絶食
8時間後ユニットを取り外す。
カプセルはトイレで自然に排泄されるが、そのまま流さず患者自身がキットを用い回収する。
検査終了

メリット・デメリット(通常の内視鏡検査と比べ)
メリット:簡易で、苦痛を伴わない。小腸の観察が可能である。
デメリット:画像が粗い。手術、組織採集ができない。