NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)に関して

NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)に関して

【NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)】

とよしまクリニックでは全例NBI内視鏡システムで観察しています。
ハイビジョン、拡大内視鏡と組み合わせることで早期食道がんの発見、大腸ポリープの質的診断に有用です。

NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)
病気の中でも、最も早く見つけて、対処したいのが、『がん』
がん細胞は、血管から栄養を補給して増殖するため、早期のがんの周辺には小さな血管が集まりやすくなります。
NBIは、こうした初期のがんの特徴的な変化(血管新生)に効果的に反応する特殊な青い光を照らして観察をしやすくする技術です。
最新の内視鏡システムでは、このNBIの機能を従来よりさらに進化させ、病変の早期発見にこれまで以上に威力を発揮します。
鼻から挿入する経鼻内視鏡(細径内視鏡)でも、細くて小さな構造でありながら、従来よりも明るく高画質なNBI観察が可能です。
オリンパスホームページより