大腸内視鏡の前処置について

大腸内視鏡の前処置について

前処置の問題は山積みであると考えております。
大腸内視鏡は精度の問題が現在内視鏡の専門家の間で、世界中で議論をしているところであります。当然、精度の高い内視鏡検査には適切な前処置が不可欠であり、その前処置についても多くの議論が世界中でなされております。そして、今後も改善していかなくてはならない分野であると考えます。
不完全な飲用、便秘、向精神薬の服用が不適切な前処置の原因となるということが報告されておりますので、事前の問診などできめ細やかな対応が必要とされます。