United European gastroenterology Journal(インパクトファクター3.477)

United European gastroenterology Journal(インパクトファクター3.477)

“A combination of serum anti-Helicobacter pylori antibody titer and Kyoto classification score could provide a more accurate diagnosis of H pylori”

がUnited European gastroenterology Journal(インパクトファクター3.477)にpublishされました。

「ピロリ菌の診断に血清抗体価と内視鏡胃炎分類(京都分類)を用いることが有用である。」という内容です。

閲覧自由ですので、ご高覧下さい。

https://doi.org/10.1177/2050640619825947“.

yjimage