【緊急事態宣言下における当院の内視鏡診療の方針】

今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、

「『コロナ対応を行う医療機関』『通常診療を行う医療機関』、それぞれが役割をもって両立して医療体制を整えていくことが重要とされております。また、コロナ禍において通常診療の受診や健康管理を怠ってしまう事が懸念されております。

当院の役割は、安心して日常生活を送ることが出来るよう可能な限り「通常通り内視鏡診療を行っていくことと考えております。

未だ予断を許さない状況でありますが、日本消化器内視鏡学会のご提言にもある通り、当院は感染防護策と院内スタッフの健康管理の徹底を強化し、これからも、一人でも多くの患者様に精度の高い内視鏡検査を提供できるよう尽力いたします

 『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器内視鏡診療についての提言』より抜粋

 消化器内視鏡診療における感染のリスクも考慮しなくてはなりませんが、その一方で、私達の消化器内視鏡診療によって救われる患者さんがいることも常に考えていかねばなりません。COVID-19との戦いが長期戦になることが想定されている現状で、いかに通常の消化器内視鏡診療を継続するかも求められています。

 日本消化器内視鏡学会ホームページ:https://www.jges.net/medical/covid-19-proposal

虹色取り組み掲示_000001